日本ボディアート協会/ボディペイント/フェイクタトゥー/メヘンディ
クリックで大きく見れます。
設立趣旨
運営組織
会員規約
会員フォロー講座
卒業生アーティスト
毎月のサークル
イベント出展
その他
ニュースのカテゴリー タイトル 情報発信日時
 
 彫り物・タトゥー 神奈川県青少年保護育成条例違反(青少年への入れ墨の勧誘禁止) 2015年4月21日
【え?中学生に入れ墨??】横須賀市野比4、入れ墨彫り師、加藤英二容疑者(40)を県青少年保護育成条例(入れ墨の禁止)違反容疑で逮捕。
出典元・毎日新聞
<医師法について>Wikiより

入れ墨の施術は医師が行うのでなければ保健衛生上の危害を生ずるおそれのある行為であり、入れ墨の施術には医師免許が必要である。具体的には、「針先に色素を付けながら、皮膚の表面に墨等の色素を入れる行為」を医師免許を有しない者が業として行えば医師法第17条に違反し(平成13年11月8日付け医政医発第105号厚生労働省医政局医事課長通知)、同法第31条第1項第1号により3年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金に処せられ、又はこれを併科される場合(ただし未成年に入れた場合と強制的に入れた場合のみ)がある。2010年7月には、医師免許を持たずに元暴力団組員らに対し強制的に入れ墨を施していたとして、兵庫県警が彫り師の暴力団組員を逮捕した。

青少年保護育成条例について>
一部の地方自治体では、青少年保護育成条例等によって、未成年者に入れ墨を施す行為が禁止されており、違反して入れ墨を施術した者は処罰される。
 
 

HOMEお問い合せ
ページの上へ