日本ボディアート協会/ボディペイント/フェイクタトゥー/メヘンディ
クリックで大きく見れます。
設立趣旨
運営組織
会員規約
会員フォロー講座
卒業生アーティスト
毎月のサークル
イベント出展
その他(保険など)
  ブライダル
掲載準備中
  ハロウィン
掲載準備中
イベント出展記録
2013年代々木公園出展
2014年代々木公園出展
2015年代々木公園出展
2016年代々木公園出展
その他・・・賠償保険、宣伝ツールなどについて
【賠償保険などについて】

お客様の体に直接触れるボディアート。植物で肌を染めるメヘンディや、ボディ用の塗料でペイントするもの、エアブラシで塗布するもの、専用のりを使ったラメアート(砂絵遊びのようなもの)など、ボディアートには様々な施術方法があります。

そしてお客様の肌、体質も千差万別。 どんなに安全安心といわれる材料でも、万人に対応できるとは限りません。

食品のアレルギーのように、特定の人にとっては普通の材料も普通でない反応が出る事があります。 万全を期して、といいますが、人間のやることに100%はありません。

社団法人・日本ボディアート協会では、団体として出展、活動する際に、協会として保険に加入することで、協会員の皆様とお客様の間に保険を適用できるようにしています。
例えば、代々木公園などで定期的に主催される国際フェスティバルなどに、当協会は「メヘンディ東京」という活動名で出展していますが、その際には出展アーティスト全員が保険の加入者となっております。
つまり、出展アーティストは、個々で別途、保険に加入する必要が無く、かつ安心です。

もちろん、お肌のトラブルが無いことが一番ではありますが、万が一という事があった時には医療費が発生します。施術を受けられるお客様のためにも、保険を活用して安心して治療を受けられる体制を整えておくことは、安心と信頼の一助となるかと存じます。

【社団法人・日本ボディアート協会の三つ折リーフレット】

社団法人の三つ折リーフレットは、協会員の皆さんが活用できるように作ってあります。
信頼できる社団法人の協会員として、また高スキルでお客様に対応できる証として、活用していただければと思います。

【名刺の作成・フライヤーの作成などのお手伝い】

協会員の皆さんがアーティストとして活躍しようという時に、現実に必要になってくるものが色々ありますが、事務的なものでいえば、名刺やフライヤーなどの宣伝ツールでしょう。
これらの制作をする便利なツールは、インターネットで検索すると色々出てきますが、オリジナルで自分らしさを出したい場合には、やはり制作専門のデザイナーに作ってもらうのが一番です。
会員の皆様限定のサービスとして、当社団法人でご相談いただければ、中間マージン無しで信頼できるデザイナーさんをご紹介でき、また、制作依頼のフォーマットなどもご用意しておりますので、一人で悩む必要はありません。
時間と手間を省けるうえに高クオリティーの結果を出していくシステムで、お手伝いをしています。
 
   
 

HOMEお問い合せ
ページの上へ